TOEICの点数って就職に有利なの?

TOEICの点数って就職に有利なの?

TOEICは日本でもっともポピュラーなテストのうちの一つです。

このテストは実用的な英語の運用力を見ます。
リスニングとリーディングのパートに分かれ、990点満点です。
時間配分はリスニングが45分、リーディングが75分のトータル2時間にも及ぶテストで、その間に休みがなく、英語力と集中力の勝負です。

当サイトでは、TOEICテストに関する情報を提供いたします。

これからのビジネスの世界において、英語ができないと困ることは多くなるでしょうし、就職活動の一環としても、TOEICを受ける人も多いでしょう。

TOEICを受けたことがある人はわかると思いますが、TOEICテストは、問題に使用されている表現がすべて日常目にするものばかりです。たとえばリーディングのセクションの長文問題などは、新聞広告、メール、宣伝、セールスのチラシ、などです。

リスニングに使われている素材も同様で、中学や高校の授業で出てきた特殊な言い回しや、ましてシェイクスピアのような文学的な表現には、いっさい触れません。とても実践的な英語の力を測るのがTOEICであるという趣旨をしっかり貫いています。

ですので一般的にはあまり使われないような専門用語はほとんど出てこないですし、英検のようにひねった問題はほとんど出題されないのです。

TOEIC勉強法

究極のTOEICのハイスコアを実現するには。

ビジネスで使える語学力をTOEICでチェック。これからの英会話はコミュニケーション能力が必要!

翻訳会社による翻訳サービス

国際社会のグローバル化、それに伴いさまざまな言語が、いろんな場所でとびかっています。

自分ですべての言語を理解したり、使用するには限界があります。

そこで便利なのが翻訳サービスです。
24時間営業の翻訳サービスなど、とても使いやすくなっているので、ぜひ一度ご覧ください。

ビジネスで正確さが必要な場合は翻訳会社による翻訳サービスをお勧めします。

ページトップ