TOEICの点数って就職に有利なの?

TOEICの必要性

企業の海外進出が当たり前となった今の時代、どんな職種にも共通して、英語力が必要とされてきています。

大手の商社や家電メーカーでは、TOEICのスコアが基準を満たしていなければ、就職活動の際、書類選考の段階で落とされてしまい、面接までたどり着けないケースも少なくありません。

TOEICの点数が、就職活動における企業側の選考を大きく左右することもあり、グローバル社会が広まる今後は、更にその傾向が強まることが予想されます。

単なる英語のテストではありますが、就職活動のため、就職したあとの仕事のため、将来のためにも、学生はしっかりと対策して勉強する必要があるでしょう。

TOEICの需要が高まり続ける理由

TOEICの需要が高まり続ける理由は次の通りであると言われています。

○少子高齢化による日本市場の縮小により、日本企業のグローバル化が急速に進んでいるため。

○今後、日本の人口は数十年にわたって減少していくと予想されているため。

○日本人のビジネスパーソンの国際的評価は低く、近隣のアジア諸国に負けているため。

○日本企業の生き残りをかけた“グローバル人材育成に必要な能力”は、圧倒的に英語コミュニケーション能力であるから。

○ビジネスシーンでの“英語コミュニケーション能力”を図る基準として、TOEICテストを取り入れるケースが増えているため。

ビジネスで使える語学力をTOEICでチェック。これからの英会話はコミュニケーション能力が必要!

続けられそうなTOEIC勉強法

何と言っても英語は継続しないと、モノにするのは難しいと言われる事もあります。

どんなに身に付く勉強方法であると思っても、嫌になって続けられなくなると意味はありません。続けられそうなTOEIC勉強法を取り入れたいですね。

また、一度で高得点を取るというのが難しい場合には、何度か試験を受けて段階的に得点を上げていきたいと考える人もいるでしょう。

何百点もの得点を上げたいという時には、時間がかかる事もあるでしょう。
短い場合でも数ヶ月はかかると思われます。それだけの期間は毎日、長時間勉強を続けていかないといけません。

TOEIC勉強法では、学ぶ事が苦痛になりすぎない様にしたいですね。

適切なTOEIC勉強法

これまでに一度もTOEICの試験を受験した事がない人がいきなり満点を目指すというのは難しいかもしれません。

まず、試験自体に慣れていないという事が考えられます。一度でも受験した事があれば、次にどんなTOEIC勉強法が必要なのかを考えるヒントにする事もできるでしょう。

また、受験すると、自分の実力がどの程度であるのかが分かりますので、どの程度実力をアップさせないといけないのかという事も把握する事ができるでしょう。

一度の受験だけではなく、何度かの受験を経て、高得点を目指すTOEIC勉強法もいいかもしれません。

TOEICの試験は頻繁に行われているので、受験のタイミングを決めやすいというのもいいですね。

社員に求められるTOEICのスコアの目安

就職活動で自信を持って英語力をアピールするには一体何点ぐらいのスコアが必要とされるのでしょうか。またどのような職種が英語力を必要としているのでしょうか。

新卒社員の場合、入社直後にTOEICのテストを受けさせられる場合もありますが、入社直後は業務を覚えることが優先されるので、英語能力の高い人材はふさわしい部署に配属されたり高い評価をもらえるかもしれません。

今では、昇進試験でもTOEICはかかせないものとなっています。社内の昇進に関するガイドラインがあり、企業によって定められています。ですから周りのある一定の年齢の方もTOEICを勉強されている方は多いようです。

最低でも500点以上は取得しておくとよいのではないでしょうか。

TOEICの得点が高いと、海外出張にいけたり昇進にも有利だったりするので、常に上を目指して努力しておいて損はないようです。プライベートでも映画や海外旅行などで、活用できることでしょう。


TOEICの点数って就職に有利なの?では、TOEICに関する情報を提供いたします。他にも翻訳会社の英語翻訳やドイツ語翻訳といったビジネスに必要なコンテンツから、砂漠緑化や磯焼け対策といった企業アピールにもなる環境問題対策などもご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらから。

東京や大阪の企業・団体が取り組む磯焼け対策や砂漠緑化事業に注目しよう。

ページトップ