TOEICの点数って就職に有利なの?

就職活動に求められるTOEICのスコア

TOEICのスコアは 10点~990点まであり、5点刻みのスコアで表現されます。
最低スコアが 10点、最高スコアが 990点です。

また、TOEICには、合否判定というものがなく、点数に応じてそのレベルを5段階に分類することにより、その人の英語能力のレベルを測る目安としています。

5つのレベル(ランク)

スコア:860~

Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる

自己の経験の範囲内では、専門外の分野の話題に対しても十分な理解とふさわしい表現ができる。Native Speakerの域には一歩隔たりがあるとはいえ、語彙・文法・構文のいずれをも正確に把握し、流暢に駆使する力を持っている。

スコア:730~

どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている

通常会話は完全に理解でき、応答もはやい。話題が特定分野にわたっても、対応できる力を持っている。業務上も大きな支障はない。正確さと流暢さに個人差があり、文法・構文上の誤りが見受けられる場合もあるが、意志疎通を妨げるほどではない。

スコア:470~

日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる

通常会話であれば、要点を理解し、返答にも支障はない。複雑な場面における的確な対応や意思疎通になると、巧拙の差が見られる。基本的な文法・構文は身についており、表現力の不足はあってもとにかく自己の意思を伝える語彙を備えている。

スコア:220~

通常会話で最低限のコミュニケーションができる

ゆっくり話してもらうか繰り返しや言い換えをしてもらえば、簡単な会話は理解できる。身近な話題であれば応答も可能である。語彙・文法・構文ともに不十分なところは多いが、相手がNon-Nativeに特別な配慮をしてくれる場合には、意思疎通をはかることができる。

スコア:~220

コミュニケーションができるまでに至っていない

単純な会話をゆっくり話してもらっても、部分的にしか理解できない。断片的に単語を並べる程度で、実質的な意思疎通の役には立たない。

参照元:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会
http://www.toeic.or.jp/

短い時間を確保して行うTOEIC勉強法

毎日時間に追われて生活している人も多い様ですね。TOEICを受ける予定はあるけれど、まとまった時間がなく、どうやって勉強時間を確保すればいいかわからない、と不安な人もいるみたいですね。

しかし、TOEIC勉強法は常にまとまった時間が必要なものばかりではありません。短い時間を上手に使う事で、しっかりと頭に入れる事も可能ではないでしょうか。

TOEIC勉強法では覚える事がたくさんあり、リスニングなどは慣れないといけません。そこで、短い時間で行った事は時間をおいて、反復して行う事で定着させる事もできるのではないでしょうか。

時間がないとしても、最後まであきらめないで空いた時間を見つけて勉強しましょう。

TOEICで取得したスコア

ただTOEICを受験した事があるというだけでは、それほどアピールできない事もあるかもしれません。

やはり受験したというだけではなくてTOEICで取得したスコアも大事でしょう。できるだけ満点に近いハイスコアを目指したいですね。

TOEICを受験した目的などによっても必要とするスコアは異なるでしょう。

まずは、自分の目標をしっかりと持つ様にしたいですね。

何点取得したいのか設定しておいて、そのスコアを上回る事ができる様に勉強を進めていきたいですね。

現在のスコアと取得したいスコアが大幅に異なる場合には、何段階かに目標を設定して勉強をする事で、達成できるかもしれませんね。

高い目標を設定した場合には、達成に時間がかかるかもしれません。


TOEICの点数って就職に有利なの?では、TOEICに関する情報を提供いたします。他にも翻訳会社の英語翻訳やドイツ語翻訳といったビジネスに必要なコンテンツから、砂漠緑化や磯焼け対策といった企業アピールにもなる環境問題対策などもご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらから。

東京や大阪の企業・団体が取り組む磯焼け対策や砂漠緑化事業に注目しよう。

ページトップ